はなの海外大冒険!

海外生活で体験したことや考えたことを綴るブログ♬フィジー留学、オーストラリアでのワーホリ経験を経て、セブのゲストハウスで管理人をしながらブログを書いていましたが、家庭の事情で急遽日本に帰国。これからは海外で学んだことをもとに、日本で考えたことを書いていきます。

いきものとの日々を振り返って

いきものの過ごしたのは、ちょうど7日間だった。

 

7日目のいきものは、ちょっと前に土に還っていった。

 

 

いきもののために買ってきたガーベラは、

今は"鑑賞用"として飾ってある。

 

f:id:kaigaiwakuwaku:20210615092921j:image

 

いきものの食べかけのガーベラも残っている。

 

f:id:kaigaiwakuwaku:20210615092524j:image

 

真ん中のあなは、いきものが開けたものだ。

ここにすっぽり滑り込んで体を休めていたいきものは、とても可愛かった。

 

この花を見るたびにいきものの可愛かった姿を思い出して寂しくなるが、

花が枯れると、それを思い出すことも少なくなるかもしれない。

 

そう思うと、花が枯れるのも悲しいものである。

 

部屋には、ガーベラの残り香が残っており、それを嗅ぐたびにいきものを観察していた日々が思い出される。

 

 

 

いきものを飼うと決めたのは、

なにげないキッカケからだった。

 

毎日同じようなことを繰り返していた日々。

何か新しいことをやりたいと思ったときにたまたま目の前に現れたのが、

このいきものだった。

 

いきものの成長を毎日観察し、

いきものが食べそうな花を探し回り、

いきものの最期を見守る。

 

この7日間のスマホの検索履歴は、

いもむし 成長

いもむし 食べる花

など、

いきものに関するものばかりだ。

こんなに虫について検索することは、しばらくないだろう。

 

それらの日々は私にとって刺激的であり、

小学生時代に飼った数々のいきものを思い出すよい機会になった。

 

 

チョウになるかガになるか、楽しみにしていたのに、

結局、あのいきものが何の幼虫だったかわからないままだ。

いつか同じ幼虫を見たときは、成虫になるまで見守ってみたいものだ。

 

 

いきもののために買った花が枯れる。

それを処分しながら、

私の心は前を向くように整理されていく。

 

人は悲しみから立ち直る心を持っているらしい。

 

 

今回いきものを育てて思ったのは、

私は観察が好きだということ、

実験的なものに好奇心をくすぐられるということ、

毎日変化があるものに燃えるということ、

思いを文章に綴るのが得意ということ、

ブログを書くと、仕事のメール文作成でさえ楽しくなること。

 

わかったことはいろいろある。

それをこれからに生かしていくのが、いきものへの償いなのかもしれない。

 

 

また可愛いいきものが現れたら、

次は大人になるまで育てられるように頑張ろうと思う。

 

 

 

いきものさん、

ありがとう!

また来てね!

 

 

そう願うと、

いきものが体を揺さぶってそれに応えてくれるのが見えた気がした。

 

 

 

 

 

 

いきもの日記【10】土に還ったいきもの

前日の夜の時点でいきものは干からびそうだった。

 


朝になったらもう息をしていないかもしれない。

そう思って箱を見ると、

まだいきものは動いていた。

 


しかし、サイズは昨日よりもまたひとまわり小さくなっている。

アコーディオンのような”蛇腹”がより一層際立っていた。

昨夜よりさらに、歩くスピードは遅くなっている。

花弁の重なりによるわずかな段差も、上ることができない。

 


どう見ても、”老い”が進行していた。

 

 

 

こんなに弱ったいもむしを見るのは、生まれてはじめてである。

 


自然界において、こんなに弱くなったムシはすぐに外敵に食べられてしまうだろう。

子どものトカゲやカエルにとって、このいきものは格好のエサとなるに違いなかった。

 

 

 

私のいきものは、そんな自然の摂理とは相反する場所にいる。

ニンゲンに保護してもらえる。

外敵がいなくて安全。

 


でも同時に

“保護なしで自然に生きていく力”を阻害されていた。

いきものにとって、どちらが幸せなのだろう。

聞きたいけど、聞けない。

 

 

 

 


ニンゲンが死ぬときは脳内から快楽ホルモンが出るので、苦しそうに見えても本人は苦しくないと聞いたことがある。

ムシにもそんなホルモンはあるのだろうか。

 


もしないのなら、私は、いきものをとても苦しめてしまっている。

 

 

 

 


仕事や家事の間にいきものを観察すると、次第に動きが小さくなっていた。

 


もう完全に歩けなくなり、ときどき体をピクっとさせるのみだ。

 


ちょっと体を突っついても、それまでのように抵抗する姿は見られなくなっていた。

 

 


どこにでもいるようなムシなのに、

少しずつ可愛らしさがなくなってきたムシなのに、

最期を看取ることはこんなにも悲しいことなのか。

 


それが大切か大切じゃないかは、

一緒に過ごした時間と愛情による。


こんなことを感じずにはいられなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


その日の夜。

 


いきものを土に還すことにした。

 


夫に、いきものとのお別れが悲しいと伝えると、

夫は

「そんなに悲しんでいるはなちゃんを見ることが、ボクにとっては悲しい」

と言ってくれた。

 


いきものを還す場所は、できるだけお花の咲いている所を選んだ。

 


私たちは神社の一角にいきものを埋葬することにした。


いきもののそばには、食べ散らかしたガーベラの花を添えておいた。

 

バイバイ。

ありがとう。

また来てね。

 

そんなことを思いながら、いきものに別れを告げた。

 

 

 

 

 


自宅に帰ったあと、すぐに雨が降ってきた。

 


生まれてからずっと家の中で過ごしてきたいきものにとって、初めての雨である。

 


こんな形で初めての雨を体験させてしまって、申し訳ない。

 


すっかり水分のなくなったいきものの体は、雨で少しは潤っただろうか?

 

 

 

自宅の花瓶の周りを掃除する。


いきものが食べ散らかした花の残骸を拾いながらも、どこかから小さないもむしが顔を出さないか探してしまう私がいた。

いきもの日記【9】いきものの異変

朝起きたら、またいきものの姿が見えなかった。

3日連続である。

もう日常化してきた。

 

昨日食べていたオレンジのガーベラは、さらに形がくずれていた。

 

恐る恐るガーベラの中をかき分けてみるが、見える範囲にいきものの姿は見えない。

試しに他の花も探すが、動いた形跡も、床に散らばったうん◯もなかった。

 

(オレンジのガーベラにむしゃぶりつくいきものを見て、昨日の私はまたスーパーで新しいガーベラを買ったのだった。私のいきものの好きなオレンジのガーベラ。今月の花代は、すでに予算オーバーである)

 

f:id:kaigaiwakuwaku:20210611090412j:image

 

ボロボロのガーベラの中も、その周辺も、いくら探してもいきものは見当たらなかった。

 

虫かごに入れればよかった

飼うのは諦めて、外に逃してあげればよかった

 

そんな後悔が頭に浮かぶ。

 

 

数時間後、

いきものに申し訳ない思いを抱えながらも、

ガーベラの中をもう一度探してみた。

 

 

いた。

ガーベラの中で体を丸くしている。

 

刺激するとピクピク動きはあるものの、

前ほど大胆な動きはなかった。

 

周りにはボロボロになったガーベラの花びらがいくつかあるものの、うん◯はほとんど落ちていなかった。

 

排泄物がないということは、

あまり食べていない。

食べていないとは、

つまり、そういうことなのかもしれない。

 

 

急に悲しくなった。

昨日まであんなに一生懸命歩いていたのに。

そんな姿が嘘みたいだ。

 

 

古いガーベラから無理やり引きずり出して、

新しいガーベラに乗せようか?

 

「このガーベラは、まだ新しいよ。

昨日、あなたのために買ってきたんだよ」

 

そう、いきものに語りかけて手助けしようと思ったが、

やめておいた。

 

ここで助けたら、いきものの意思を無視してしまうことになる。

完全に、私、ニンゲンのエゴだ。

 

 

助けてあげられるかもしれないのに、そのまま見守るのは辛かった。

 

私のいきものは、自分が選んだ場所で息を潜めている。

虫とはいえ、自分の気の進むまま選んだ、

"自分が生まれた花の中"で

生まれて初めて嗅いだ匂いの中で

最期のときを感じている。

 

 

 

私は仕事に行き、その日の夜に帰宅した。

いきものが移動した気配はなかった。

 

もう息をしていないかもしれない。

 

そう思ってそのままにしようとしたが、

私は好奇心から、ガーベラの花の中で静かに息をしていたいきものを外に引きずり出してしまった。

 

いきものは、生きていた。

 

しかし、前のような生き生きときた姿は皆無だった。

 

体長は昨日の半分くらいになり、背中にはシワがよっている。

昨日のように颯爽と這う姿は、もうない。

平坦なところを歩かせてみたが、背中が萎縮しており、もう真っ直ぐ歩けなかった。

 

まるで、

おじいちゃんみたいだ。

 

1日動かない、

1日食べないだけで、

イモムシもこんなに痩せてしまうことを知った。

ニンゲンと同じである。

 

昨日慌てて買ってきた新しいオレンジのガーベラに、いきものを乗せてみる。

しかし、傾いているガーベラの上でいきものは自分の体を支えることができず、

床に落ちてしまった。

 

弱っているいきものに、さらに痛い思いをさせてしまった。

とても申し訳ない。

でも、私はいきものに長生きしてほしいと思った。

 

どうにか何か食べて欲しいと古いガーベラもそばに置いてみたが、いきものは食べようとしなかった。

 

もう終わりだ。

 

昨日まで背中でドクドク動いていた脈動のスピードは劇的に落ちており

肉眼で確認するのが難しいくらい、動きがなくなっていった。

 

 

いよいよ、

いきものを看取るときが来たようである。

 

いきものの好きなオレンジのガーベラ(すでに枯れている)でいっぱいにした箱の中に、いきものを入れてみた。

いきものは、今ある力を振り絞って、花びらの下に潜り込んでいった。

 

f:id:kaigaiwakuwaku:20210611233413j:image

 

いきもの日記【8】いきものの脱走

その日帰宅すると、いきものは赤いガーベラの真ん中にいた。

 

その姿を確認後、私は食事をする。

 

私もいきものも、

生命維持のために食事をする必要があるのは変わらない。

 

 

30分ほどたっただろうか、赤いガーベラを見ると、いきものの姿はなかった。

 

f:id:kaigaiwakuwaku:20210611084047j:image

 

中心部にぽっかり穴が空いている…

 

いきものが逃げた。

 

ガーベラの周りを探すが、見当たらない。

30分、ちょっと目を離しただけなのに…

いきものは、いつのまにこんなに俊敏に移動できるようになったのだろうか。

 

周りを探したのに、いなかった。

 

私は諦めて、違うことを始めた。

 

 

 

しばらくすると、リビングの床の上で、

緑色の何かが動いている。

よく見ると、いきものだった。

私の家の床を、元気よく移動していた。

 

ちょっと引いてしまった…

 

でもよく見ると可愛かった。

(記念に撮影した動画は、スマホに保管してある)

 

f:id:kaigaiwakuwaku:20210611084507j:image

 

数本の足を動かして進んでいる。

秒速30mmほどだろうか。意外と早く動けるらしい。

いつのまに、こんなに動けるようになったのだろうか。

 

このまま床にいられると潰してしまいそうなので、ガーベラに戻しておいた。

ガーベラを食べたり、近くの花の茎をよじ登ったりしている。

数日前、たった2本だったガーベラの花は、すでに6本になっていた。

(いきもののために追加購入)

 

最初にいきものが存在していたガーベラを近づけてみる。

すると、スルスルと奥に進んでいった。

 

f:id:kaigaiwakuwaku:20210611084706j:image

体を一生懸命動かして、食事をしている。

 

この花が1番好きなようだ。

黄色と赤のガーベラは途中で食べるのをやめたのに、これだけはずっと食べている。

もう枯れてボロボロなのに。

 

 

私がこのいきものを最初に発見したのは、他でもない、このオレンジのガーベラの上だった。

 

このいきものは、ここで卵から孵ったのかもしれない。

もしかすると、卵を産んだ"おかあさん"の匂いがするのかもしれない。

 

 

いきものは、この花から出てこなかった。

 

生きているか確認するために刺激すると、ときどきモフモフとガーベラが揺らぐ。

あまり突っつくとかわいそうなので、そのまましておくことにした。

それでその日はおやすみを言った。

 

 

もしこのいきものが自分の最期のときを自覚しているとしたら、

このガーベラの中で迎えるかもしれないな、と思った。

生物にとって

"最初に食べた花・最初に嗅いだ花の匂い"

特別な意味を持つのだと思う。

 

 

 

毎晩、夜になるとドキドキする。

いきものは明日も私の目の前に姿を表してくれるのか。

私のおはように、緑色の体をユサユサ振りながら返事をしてくれるのだろうか、と。

 

 

いきもの日記【7】”チョウ”になるか、”ガ”になるか

外出中の昼休み。

外にいても、いきもののことを考えてしまう。

 

「食事は足りているだろうか」

「部屋は暑くないだろうか」

今日も元気に過ごしてほしいと考える私は、

まるでいきもののお母さんだ。

 

 

数日前、このいきものが将来どんな姿になるかGoogleで検索してみた。

今より小さかったいきものの姿と写真を見比べ、これは【オオスカシバ】というガの幼虫かもしれないと思った。

 

チョウではない。

ガである。

 

モスラである。

 

ちょっと引いてしまった。

 

 

大人になったら可愛いチョウチョになると思っていたのに、

もしかすると見た目がグロテスクなガになるかもしれない。

(未だ予想である)

 

 

これは、私の嫌いな【ガ】の幼虫かもしれない、

と考えると、

ちょっと身構えた。

 

でも、同時にこうも思った。

「かわいい幼虫として大切に育てたいきものなら、

グロテスクなガになっても、

もしかするとかわいいのかもしれない」と。

 

 

可愛い

グロテスク。

 

相反する言葉だけれど、イメージの先の個体は同じ。

このいきものの大人になったときの姿。

 

 

 

 

 

私の好きな本、星の王子さまには、こんな一説がある。

 

【きみのバラが、きみにとってかけがえのないものになったのは、きみがバラのために費やした時間のためなんだ】

 

王子さまは自分の星にある1本のバラを唯一のものと思って世話していたが、実は地球にはたくさんのバラがあった。自分のバラは特別でもなんでもなかった。

でも、キツネに出会って分かった。

普通の人にとっては全て同じバラでも、自分が大切にしてきたバラは、かけがえのないものなんだと。

 

 

私のいきものは、

一般的にグロテスクな外見であり、どこにでもいるイモムシかもしれない。

でも、

小さいうちから成長を見守り、

食事となるガーベラを求めて3件の店をはしごし、

周りに散らばったうん◯を掃除し、

朝顔を洗うより先に姿を確認するような

大切ないきもの。

 

 

だから、

他のいきものとは違う、

たった1匹の【私のいきもの】であり、美しいのである。

 

 

Google検索によると、自然界のモンシロチョウが卵から成虫になるのは2パーセント。

100個の卵があっても、2匹しか大人になれない。

このいきものは、大人になれるのだろうか。

 

 

 

 

私は

今日も"いきものの食費"を稼ぎながら、

休憩中にはこんなことを考えている。

いきもの日記【6】大人になっていくいきもの

おはよう!

 

今朝、黄色いガーベラを見ると、いきものの姿がなかった。

f:id:kaigaiwakuwaku:20210610090338j:image


「昨日と同じように、花の奥に隠れているのだろうか?」

 


でも、ガーベラは、さほど食い尽くされていないようである。

 


「逃げたのかな?」

 


そう思いながら、私は洗顔を済ませて化粧水をつける。

 

 

廊下ですれ違った夫に「いきものがいない」と報告した。

 


しばらくすると夫から驚きの一言。

 


「赤い花にいるよ」

 

 

 

えっ…

 

 

 

うそでしょ?

 


昨日の夜は、黄色のガーベラにいたよね?

昨日は私がわざわざ綿棒を使って、オレンジのガーベラから移動させたよね?

自分じゃ動けないよね?

 

 

 

そう思い半信半疑で赤いガーベラを見ると、

いきものは花の中心部に埋もれていた。

 

f:id:kaigaiwakuwaku:20210610124616j:image


どうやら、いきものは、

夜の間に自力で移動したらしい。

 


イモムシ目線で見ると、2つの花にはけっこうな距離があるのに。

 

f:id:kaigaiwakuwaku:20210610124652j:image

 

黄色いガーベラはおいしくなかったのだろうか。

赤いガーベラがあるとわかったのはなぜか。

目は見えているのだろうか。

匂いに誘われて移動したのだろうか。

移動にはどのくらい時間がかかったのだろうか。

 


いろんな疑問が湧いてきたが、

ひとまず元気そうだったのでよしとしよう!

 

 

 

背中を確認すると、心臓らしきものははっきり動いており、脈動が確認できた。

 


これを見て、私はいきものの健康状態を知ることができる。

 


脈は少しゆっくりだ。

まだ寝ているのだろうか。


(ちなみに、私は元看護師であり、日常的にヒトの脈拍を測っていた身である)

 

 

 

しばらくすると、いきものはまた食事を始めた。

 


そして、花の上を歩いて見せた。

 


いつのまにか、くっきりと【足】が生えている。

 


昨日までは体をくねらせて移動しているように見えたが、今朝は足を前後に動かしている。

 


新しい花への長距離移動をしたことで、足腰?が発達したのだろう。

 


いきものの生命力、そして成長スピードに、私は毎日驚いている。

 

 

 

 


いきものの周りをひととおり確認したあと、

私は、夜の間に散らばったうん◯を掃除した。

いきものが成長するにつれて、これもまた、私の日課になりつつある。

 

 

 

 


いきものはますます大きくなっている。

 


いきものが食欲旺盛なのはいいが、1日2本もガーベラを食べられると私の財布にも少し影響が出そうだった。

 


試験的に、晩ごはんの残りのキャベツを与えてみる。

私のいきものは食べてくれるのだろうか。

 

 

 

いきものを発見してもうすぐ丸5日。

夫も、いきものを直視できるようになった。

 


いきものは、すっかり私たち家族の一員である。

いきもの日記【5】未知との遭遇

いきものの存在に気づいてから4日経った。

 

私のいきものは、がんばって生きてくれている。

出会ったときと比べると、長く、そして太く成長しており、

かわいらしさはなくなった。

 

 

そんないきものの心配事の1つが、食事である。

 

いきものが大きくなるのと反比例するように、ガーベラの花は食い尽くされ、そして枯れてきていた。

 

当たり前だ。

このガーベラは、切り花なのである。

 

 

いつか、花の寿命がきたら、いきものの命も終わってしまうのだろうか…

 

 

ただ偶然我が家にやってきたいきものだが、別れを考えるのは辛かった。

 

そこで、新しい花を買いに行くことにした。

 

花の種類は、もちろんガーベラだ。

 

 

今回のガーベラを買ったスーパーに朝9時ごろ行ってみた。

 

 

朝早すぎて、ない…

 

切り花ではなく、鉢植えがあったらよいかと思い、ホームセンターに行ってみたが、

 

ない…

 

f:id:kaigaiwakuwaku:20210609173034j:image

 

昼過ぎ、最後の頼み!と思って行ったスーパーに、

 

あった!

 

黄色と赤のガーベラ。

 

家にあるものと色が違うが、

果たして私のいきものは食べてくれるのだろうか。

 

帰宅すると、ガーベラは無惨な姿になっていた。

新しいガーベラをそばに置いて、移動しないか様子を見ていたが、動く気配なし。

 

それどころか、朝と同じように古いガーベラの奥まで入り込み、またもや姿を消していた…

 

f:id:kaigaiwakuwaku:20210609173310j:image

 

出てくるか見てみようと思いガーベラを裏返したそのとき、

 

ガザッッッ…

 

なんと、ガーベラの中心部がごそっと外れたのである。

全部、いきものの仕業だ。

 

f:id:kaigaiwakuwaku:20210609173428j:image

 

そしてこうなってもなお、

いきものはガーベラの奥でモグモグしていた。

 

まだ食べるようである。

 

 

でも、ガーベラの中心部がごっそり出てしまった今、食べられる部位がなくなるのは時間の問題だった。

 

「このままここにいたら、食糧不足で死んでしまうかもしれない」

 

あまり手をかけるべきではないと分かっていたが、私は助けざるを得なかった。

 

 

 

いきものを、新しいガーベラに移動してみる。

 

いきものは嫌がって抵抗していたが、ごめんねと思いながら綿棒でかき出した。

そして、黄色いガーベラへの移動に成功。

 

f:id:kaigaiwakuwaku:20210609173742j:image

 

問題は、これを食べてくれるかどうかである。

 

ネット上のいもむし図鑑には、このいきものは同じ種類の花しか食べないと書いてあった。

本当だろうか。

最初のガーベラと、

微妙に種類が違ったらどうしよう…

 

そう思いながらも、数十分放置した。

 

 

しばらくすると、

f:id:kaigaiwakuwaku:20210609173933j:image

 

私のいきものは、

新しい黄色いガーベラを食べてくれた。

 

よかった!

とりあえず一安心である。

おそらく2日は生き延びるはずだ。

 

黄色いガーベラが枯れたら、一緒に買ってきた赤いガーベラに移動させる予定である。

 

私のいきものは、未知との遭遇に耐えてくれた。

たくましい。

これからもすくすく成長することを祈るばかりである。