はなの海外大冒険!

海外生活で体験したことや考えたことを綴るブログ♬フィジー留学、オーストラリアでのワーホリ経験を経て、セブのゲストハウスで管理人をしながらブログを書いていましたが、家庭の事情で急遽日本に帰国。これからは海外で学んだことをもとに、日本で考えたことを書いていきます。

いきもの日記【4】いきものの異変

f:id:kaigaiwakuwaku:20210609162541j:image

 

朝起きると、いきものの動きが止まっていた。

 


昨夜確認した、血管の動きもよく分からない。

 


もしかして…

最悪なことが頭をよぎった。

 


私が寝起きだから見間違えているのかもしれない。

と思い、顔を洗ってからもう一度いきものを見る。

 


動きがなかった。

なんだかおしりが縮んだような気もする。

 

 

 

ちょっと触ってみると……

 


やめろよ!!!

 

と言わんばかりに、いきものはおしりを動かした。

 


よかった!ちゃんと生きてる。

 

 

 

いきものの周りをみると、たくさんのうん◯が散らばっていた。

 

f:id:kaigaiwakuwaku:20210609162610j:image


昨日は花びらの周りにしか落ちていなかったうん◯が、床にも散乱していた。

 


私はそれを掃除する。

 


そしてガーベラの茎の下を切断し、花が水を吸えるようにした。

 


もちろん、いきもののためである。

 


朝起きて1番にいきものの世話をするとは、ずいぶん生活に馴染んできたものだ。

 

 

 

 


1時間後、ガーベラを確認すると、いきものの姿が見えなかった。

 


え!どこに行ったの?

さっきいたよね……?

 


ガーベラの花の周り、茎、そして花瓶の周りをいくら探しても、いきものは見当たらなかった。

 


部屋のどこかをさまよっていたらどうしよう…

 


そんな心配もあったが、まずはガーベラ周りを徹底的に探すことにした。

 


めんぼうを使って、いきものが食べ散らかした部位やうん◯を避けていく。

花の奥の方ってこんな構造になっていたんだ!と驚きながらも、いきものを探す。

 


4,5回かき分けたころだろうか、

きみどり色の体が見えた。

 


いた!こんな深くまで潜っていたんだ!

 


いきものは、また体をヒクヒクしながら食事をしていた。

 


体がガーベラに埋まっており、体全体は確認できない。

数日前と比べて、太さは5倍以上、うん◯の大きさは3倍以上ある。

 


全長何ミリあるのだろうか…

もうかわいくはないと、容易に想像できた。

 


が、まだ観察は続けていこうと思う。